原料の迅速な配達は、プロジェクトを早急に開始するために重要であり、創薬と配達のスピードを上げる鍵となります。 専任のスタッフチームには、購買担当者、店舗および在庫担当者、社内税関担当者が含まれます。過去数年の間に、私たちは注文に特化した大規模な販売店のアカウントマネージャーと共に、国内外の販売店のリストを特定しました。私たちは納入基準を評価し、販売店と協力して、原料の納入を継続的に改善します。 供給プロセスは、さまざまな販売店からの予想される納期とともに計画されています。この指標は毎月監視されており、販売店と積極的に連携して、納期のリードタイムを改善しています。また、o2hは最も一般的に使用される化学物質および試薬の在庫を社内で維持し、創薬プロジェクトのスピードをさらにサポートします。 10年以上のこの業界での経験によって、o2hはサプライチェーンのパフォーマンスが総合的なパフォーマンスに与える影響を理解しており、インドの他の競合他社と比較して流れを変えることができるという利点があります。 構造上のアドバンテージ

  • o2hは輸出志向型ユニット(EOU)であり、税関手続きと通関手続きの2つの層全体を排除することにより、化学物質の輸入時間をSEZと比べると短縮できます。
    • レイヤー1 –輸入貨物の事前通関
      • SEZでは、ムンバイからアフマダーバードへの積み替え後にのみ税関申告書(BOE)を提出する必要がありますが、EOUでは、ムンバイ空港に着陸する前に、税関職員を通じて輸入貨物の通関手続きを開始するため、2〜3日節約できます。
    • レイヤー2 –ゲートでの通関なし
      • SEZでは、通関業者がキャンパスのゲートに座っており、科学者に受け渡される前に各貨物を承認する必要があります。この通関手続きは、その業者が多数の会社から同時に貨物を受け取るため、待ち時間が長くなり、最大1〜2日の遅延につながる可能性があります。この問題は、業者が不在の場合にさらに悪化します(例:病気の場合、他の政府の事業に従事しなければならない場合、本人の裁量)。EOUにはそのようなプロセスはありません。
    Combi Blocksからの発送で7日間、ARK Pharmaからの発送で5日間、Apollo Scientificからの発送で7日間短縮できます。
 

プロセスと内部のアドバンテージs

  • 階層の削減により、承認の迅速化(同日、実際には数分)と、化学物質の発注書の同日処理が可能になります。
    • 特に輸入化学物質の注文のために購買チームで働く専用のセカンドシフトは、輸入サプライヤーのタイムゾーンと一致する時間に、化学物質の注文と追跡を行います。
  • 主要な購入プロセスは、化学物質の調達プロセスを理解および最適化するためにマッピングされています。
  • 地元(グジャラート州)および国内(インド)の広範な業者の効率的な利用
    • 化学物質の70%は地元で調達し、 納期はPOの配置から1〜2日です。
    • 主要な国内業者との戦略的関係(Sigma、Alfa Aesar、TCI Indiaそれぞれに保税倉庫があり、化学物質を納税/免税モードで調達するオプションがあります)。
      • 化学物質の17%は国内で調達し、納期は2〜3日(納税注文)または7日(免税注文)です。
    • 配送の通過時間を最小限に抑えるための、Blue-Dart(宅配業者)との戦術的な関係。
  • 米国(Combiblocks等)、英国(Apollo Scientific等)、中国(ARK Pharma等)、ドイツ(Enamine等)などの輸入化学物質の幅広いサプライヤーネットワーク。
    • o2hでは、階層化されていないセットアップがあり、受注と同じ日に注文を処理して、より迅速な配達を実現しています。
    • 化学物質の13%は国外に調達し、納期は8〜9日(納税注文)または10日(免税注文)です。
    • 配送の通過時間を最小限に抑え、迅速な通関手続きを促進するための宅配業者(DHL、FedExなど)との戦術的な関係。
    • ムンバイおよびアフマダーバードの専用通関業者(CHA)が、貨物の通関手続きのサポートをします(通関担当官の問い合わせの対応等)。
  • サプライチェーン対策を含むプロジェクト全体のパフォーマンスに基づいて、インセンティブが与えられるサプライチェーンチーム。