in-vivo-studies-1

o2hは、標準的なバイオアベイラビリティ/組織分布PK研究、急性/慢性毒性学研究、および複数の治療適応症の病態生理学的に関連する実験モデルの実施に関する深い専門知識を持っています。

巨視的観察は、病理組織学的分析、血液学的および生化学的パラメータの推定など、さまざまな異なる技術で確証することができます。現在、in vivo実験はげっ歯類(マウス、ラットなど)でのみ行われています。当社のin vivoモデルは、診療ごとの個別支払形式で利用できるほか、統合生物学プロジェクトの一部としても利用できます。お客様の要件に応じて、これらのモデルをカスタマイズすることもできます。In vivo研究は、o2hがこの数年間好ましい関係にあるCROと共同で行われます。 生体内モデルの例
  • コラーゲン誘発関節炎
  • アジュバント誘発関節炎
  • DSS誘発大腸炎
  • TNBS誘発大腸炎
  • PMAによる乾癬/アトピー性皮膚炎
  • IMQ誘発性乾癬/アトピー性皮膚炎
  • サイトカイン放出アッセイ
  • 単回投与急性毒性
  • 反復投与毒性試験
  • 経口バイオアベイラビリティ研究