o2hのin vitro施設は、当社の化学の顧客に迅速な意思決定ポイントを提供するために開発されました。 化合物の活性や潜在的な問題点を評価するための薬理学サービスの範囲を含めるために、規模と能力を倍増しました。当社の専用の研究室には、さまざまな治療領域での生化学または細胞アッセイの開発と最適化に役立つ、蛍光、ルミネセンス、および吸光度の業界標準フォーマットが含まれています。 o2hは以下のアッセイを提供します: ADMEアッセイ 溶解度 (熱力学、速度論)、Log P/Log D研究、透過性 (PAMPA)、CYP阻害 (蛍光、LCMS/MSベース)、ミクロソーム安定性、血漿安定性、肝細胞安定性、血漿タンパク質結合。 ターゲットベースのアッセイ 酵素/キナーゼアッセイ、結合アッセイ、GPCRアッセイ 細胞ベースのアッセイ ELISA、増殖/細胞毒性、リン酸化状態、hPBMCを使用したサイトカイン産生アッセイ、シグナル伝達アッセイ。