統合創薬(IDD)プロジェクトの成功を測定するための究極の測定基準は、知的財産とお客様への価値を生み出す能力です(in vitro条件下で低いnM活性を示し、病態生理学的に関連する疾患モデルにおいて統計的に有意なin vivo有効性を示すリード化合物の同定など)。 成功したIDDプロジェクトは、さまざまな分野の効率的な統合、医薬品化学の経験、優れた運用、実用的なアプローチに依存しています。o2hは、IDDサービスを確立する際にモジュール方式を採用しており、お客様にアウトソーシングの決定において最大の柔軟性を提供しています。 創薬プロセスのさまざまなモジュールは、サービスのサブセットに唯一のエントリーポイントとして個別に、またはヒットの特定からリード化合物の創出までの従来の創薬手法として利用できます。当社の専門知識には、医薬品化学、ヒット同定、リード生成/最適化、計算化学、in vitro酵素および細胞ベースのスクリーニング、DMPKおよび複数の治療分野におけるin vivoモデルが含まれます。o2hには動物施設がありません。PK研究のin lifeフェーズとin vivo有効性研究は、過去数年間、私たちが好ましい関係にあるCROと共に行われます。 o2hは、インドの複数のCROと戦略的提携があり、化学プロセスのスケールアップと開発(GMPと非GMP)、生物分析研究、製剤アプローチ、安全性薬理学および毒物学研究、臨床試験用品、および医療文書を通じて、顧客がINDアプリケーション段階にプロジェクトを進めることを支援します。詳細については、info@o2h.com までお問い合わせください。